都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

名探偵コナンの都市伝説

      2016/01/01

Sponsored Link

名探偵コナンの都市伝説についてまとめてみました。

名探偵コナンの時間の経過

アニメ400話の時点で、実は新一がコナンになってから半年ぐらいしか経っていないのである。

名探偵コナンはサザエさん時空

新一が年をとらない理由は、作者曰く「サザエさんと同じ」らしい。
*サザエさんのように、年をとらずに永遠に繰り返す現象を通称、サザエさん時空と呼ぶらしい。

名探偵コナンのテーマ曲

メインテーマ曲は歌詞が存在する。

「キミがいれば」という曲名で歌っているのは伊織さんという歌手です。

名探偵コナン、毛利小五郎役の声優、神谷明さんの降板理由

・神谷さんが降板しなくてはならなくなったのは、番組制作側の人間が2度に渡り信頼関係を破壊する行為を行ったためらしい。

1→TVシリーズの契約問題は合意ラインに達する。

2→「その方」が、悪意を持って神谷氏の主張を関係者や共演者等に吹聴。

3→神谷氏が「帰る場所は奪われた」と感じる程、現場に居辛くなってくる。

4→神谷氏が交渉責任者であるその方の立場も鑑み「男気を発揮し」降板を受け入れる。 まさに契約更新したくない「その方」の計画通りの展開になった。

5→「その方」が親戚の芸能志望フリーター女「イシュタル」に情報をリーク。

6→イシュタルがmixiのカード探偵団コミュの雑談トピ2にリーク。

7→ 9月5日それを見た「秋夜社(あやしろ)」がさも自分が仕入れた話のようにmixiのコナンコミュに書き込み。

8→ 降板騒動になるが9月7日イシュタル書き込みを削除。

9→(師匠である納谷さんの名前まで使って降板理由を捏造され、正式発表前に降板をリークされ)それを知った神谷氏は「その方」の所為で役を降りるのが馬鹿馬鹿しいと感じる。

10→別の関係者(ある方)に頼んで再交渉。

11→しかし時既に遅く最終的に制作委員会側に拒否され降板決定。

Sponsored Link

サンデー誌上での発表には間があったが、騒動を知ったファンから。

健康を心配する声があがっており10月の発表まで放置しておくことが出来なくなった末。

12→9月18日神谷氏ブログで降板を発表。

13→神谷氏ブログで降板の詳細を書いた記事を削除、終了宣言をする。

黒の組織のボスの正体

・阿笠博士
黒の組織のメンバーは、酒の名をコードネームにしている。
「アーント・アガサ」というラムベースのカクテルが存在する。
顔を知らないジン、ウォッカの顔を回想する場面や、謎の毒薬が未完成であると知っていた。

コナンの作者である青山剛昌があるファンから黒ずくめの男達の黒幕ってどんな人なんですかと質問されたそうです。

そこで青山剛昌は誰とは言えないが案外身近にいる人だと答えたそうです。

これからファンはなんとか突き止めたいと推理した結果アガサ博士でした。まず黒ずくめの男達の名前はウォッカやジンでお酒の名前です。

そして黒ずくめから逃げる為コナンと同じ薬を飲んだ榛原愛の本名がシェリーです。

アガサという名前は実はコードネームで「アガサ・カクテル」というラムベースのカクテルに由来しています。

また、コナンの由来は有名作家「アーサー・コナン・ドイル」に由来していますが、彼のライバルに「アガサ・クリスティ」という女性作家が存在しており、両社とも世界的に有名で売上も拮抗していたということです。

・工藤優作
新一を上回る推理能力。
新一の現状を知っているが、放置している。
小説家であり、ナイトバロンという作品を執筆。
コンピューターウィルスの名前がナイトバロン。

ペロッ、これは・・・?

コナンは粉をなめることにより、”麻薬”かどうか判別することができる。
青酸カリは創作。元ネタはある漫才コンビのネタらしい。

Sponsored Link

関連コンテンツユニット



 - アニメ漫画都市伝説, 都市伝説