都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

動物都市伝説part5

      2015/12/28

Sponsored Link

 

動物都市伝説part5です。

昆虫採取で見つけた巨大なバッタ

小学生の頃に夏休みの宿題に昆虫採取をするコトにしました。
まぁ、毎日アミ持って野山を駆け回って遊んでただけなんだけど、ある日すごいのを捕まえました。

体長13.5cmのトノサマバッタ(足含まず)

まぁ、もちろん標本にして学校に提出したんだけど、次の日には学校中に噂が広がって展示場の理科室は昼休みなんかメチャ混みになっちゃったんだよね。
でも、2日ほどで撤去されちゃった上、学校が全校生徒にこんな内容のプリントを配った。

「理科室にあった標本のバッタは、トノサマバッタではなく、外国のバッタである事がわかりました。

日本の生物では無いので、気にしないように。」

その後、両親と共に校長室に呼ばれ、先生ではない数人の大人と話をし、両親はハンコを押したり、生活指導方針がどうとか難しいコトを言われてました。

子供心に「怒られてるんだ」ってのはわかりました。

それから十数年が経ち、なにげなく当時の事を思い出して両親に尋ねると・・・

名前     大きさ     つかまえた場所
トノサマバッタ  13.5cm  美浜原子力発電所緑地公園

ナマケモノの食事量

ナマケモノは一日にわずか8gの植物を食べるだけで生きている
そんな事が可能なのは哺乳類には珍しい変温動物だからだとか。

カメレオンが死ぬと

背景の色に合わせて体の色を変えることが出来るカメレオンは、

Sponsored Link

明るい場所で死ぬと明るい緑色になり、暗い場所で死ぬと褐色にと、死後もなお背景に溶け込むようになっている。

馬で通勤通学は可能である。

自動車ができる前までは、乗り物といえば「馬」が代表的なものであったが、
現在でも道路交通法では馬は軽車両に分類されているため、馬に乗って通勤や通学をしても罪にはならない。ちなみに牛も軽車両である。

スカンクのオナラ

スカンクが出してるのはオナラではない

敵に襲われた時にオナラをぶっ放して難を逃れる事で一生を風靡したスカンクだが
実はあれはいわゆるひとつのオナラではなかった
あれは肛門の内側にある袋から発生させている霧で目に入ると失明することもあるという

ちなみにこれを希釈するとマツタケの匂いになるそうだ
元の臭いは強烈だが希釈して香水になっているというものはたくさんあるようです
あなたの使っている香水、元は何なのか気になりますね

オジギソウと地震予知

オジギソウがなんと地震を予知するといわれた
彼はある時オジギソウが興味深い動きをするのを発見した。
葉に触れてもいないのに勝手に葉が閉じたのだ。オジギソウもネムノキの仲間であるから、夜になれば自然にその葉を閉じる。
その動きが見られたのが午前10時。しかも、自分以外に葉に衝撃を与える事のできない室内での事である。
オジギソウが開閉を繰り返すという異常は非常に珍しい。そして、この様な事例があったその後、この地域に地震が起こった。

 

Sponsored Link

関連コンテンツユニット



 - 動物都市伝説, 都市伝説