都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

車都市伝説part1(公務員の加入する自動車保険他)

      2016/06/26

 

車についての都市伝説についてまとめてみました。

公務員の加入する自動車保険

公務員の加入する自動車保険には 懲戒免職ならないための工作費(減刑嘆願書を集めるとか)
の費用まで負担してくれるとこがあるのである。
なので公務員の場合は交通事故を起こしても不起訴(民間人の7倍になる)や罰金の割合が非常に高い

救急車のサイレンが止まる理由

サイレンを鳴らしながら走っていく救急車をよく見かけると思う。

しかし、不思議なことにやかましいほど鳴り響いていたのに突然ふとサイレンがやむことがある。
なんで突然サイレンがやむんだろうと考えはしないだろうか。

理由は救急車の中の患者が亡くなったから。
病院へ輸送中に患者が死ぬと急ぐ必要がないのでサイレンをとめてしまうという。

ランドクルーザーの由来

トヨタ社のランドクルーザーは、イギリスの有名な4WD車メーカー「ランドローバー」に対して、
ローバー(海賊船)をやっつけるクルーザー(巡洋船)という意味で
「ランドクルーザー」と名づけられたのである。

とあるカーレースでの事故

アフリカのとある集落の子どもたちは皆手がなかったり、足がなかったり、 
頭髪が半分なかったり、片目が無かったりなんだと。 
なんでも日本が開催するレース(パリダカールラリーみたいのかな?) 
の通り道の中に集落は存在していて、 
子ども達が毎年レースがあるごとに轢かれてしまうんだって。 
で、不思議な事に皆逝去しないで、体のどこかしらを失って生き長らえているらしい。 
そして、毎年、レースが起きるたびに子どもが轢かれているとのこと。 
何故、毎年轢かれる子どもがいるのか? 
それは、子どもを轢いてしまった事による賠償金を日本からもらう為に 
集落の大人たちがわざと子ども達を車に放り投げているからなんだとさ。 
賠償金額は日本円で約200万円。その集落の人全ての生活が10年は潤う額であるらしい。

呪いのポルシェ

ハイウッドスターのジェームスディーンが所有していたポルシェは呪いの車として有名である。

霊能者に不吉なので手放すように言われたが無視したため事故で亡くなったとか、解体後のエンジンを流用した車で事故を起こし逝去するなどがある。

痛車

アニメなどのキャラクターがプリントされている車を痛車(イタシャ)と呼ばれるが、痛車にはキャラクターの魂が宿り、自ら事故を避けるという噂がある。

ハイブリッド車のバッテリー交換

ガソリンが少なくて済むのでかなりお得かと思いきやバッテリーに寿命がありその交換費用はかなりの高価という噂。

スイスでのモータースポーツ

スイスではモータースポーツは禁止されている。
原因は1955年のル・マン24時間耐久レースで80回もの事故を出した事を受けて危ないと判断したため。

関連コンテンツユニット



 - 都市伝説