都市伝説ch

都市伝説 怖い話 世界のタブー 表沙汰にならないヤバい話 雑学をまとめています。

絶対に報道されないアメリカのタブー

      2016/01/17

Sponsored Link

 

絶対に報道されないアメリカのタブー

アメリカ人が大卒でも兵隊を目指す理由

アメリカだと兵隊になると

健保に安値で加入できる(家族に病人いるときは有利)
除隊後に公務員の就職世話がある
奨学金もらえて大学に行ける
外国人ならグリーンカードOK、アメリカ国籍取得可能になる

その他様々なメリットがあるので不景気になると大卒でも軍隊目指すという。

エイズウイルスを開発したのはアメリカ政府である

エイズウイルスを開発したのはアメリカ政府

ユースタスマリンズというアメリカのジャーナリストが暴露した話である。
開発の目的は人口削減で主に有色人種削減をターゲットにした物らしい。
エイズ発生国がアフリカ、アジアに集中している理由も頷ける。
アフリカへはWHOが予防接種の名目で投与したという噂である。

生物兵器であるエイズウィルスの開発と伝播の経緯としては

フォート・デトリックでは、アフリカミトリザルを使って、
それが感染しているウィルスに遺伝子操作を加える試みがなされた。
1969年2月実験サルの間に奇病が集団発生する。
その症状は、元気だったサルが突然高熱を発し、全身のリンパ腺が腫れ、
下痢を繰り返すという症状の後、体重が極端に減少、免疫不全にいたり
感染症併発して死亡するという物であった。
この症状はまさにエイズそのものである。
この奇病はフォートデトリックの遺伝子操作によって人工的に生み出された、
アフリカミドリザルの変異ウィルスによるものであった。
これがエイズウィルスである。

アメリカで流行った日本のある遊び

30年ちょっと前になるけどアメリカ人の母に聞いた話。
アメリカカルフォルニア州の某中学校の教師が日本に留学中にある遊びを
教室の生徒に教えた。
その2日後32人中24名が集団で校庭の裏にある数本のクルミの木に集団自殺したという。
しかしこの事件は一切報道されず。
そして死んだ子のノートに意味不明な単語が書いてあったらしい。
「kokurisan kokurisan」

アメリカ初代大統領、ワシントンの最期

風邪ひいて喉が腫れる
→当時のメジャーな治療、冩血(血を抜く)を自分で行う
→効果なく、更に冩血
→具合悪くなり、友人の医師を呼ぶ。
医師が選択した治療、冩血
→いよいよ状態悪化し、応援の医師を呼ぶ
医師二人で相談した結果、冩血
→危篤状態となり、緊急の冩血を行う

→ワシントン死去。死因は出血多量

お金持ちのアメリカ白人種が有色人種の養子を取る理由

お金持ちの白人種が有色人種の養子を取るのは連れていて明らかに養子とわかるからであり、
金持ちのステータスだからなのだそうだ、アメリカ人に住んでるとき聞いた話である。
もちろん国籍に関わらず善意で養子を育ててる人はもっと沢山いる。
そもそもアメリカで養子がとれる家庭ってのは社会的な成功者の証だからである。
逆に里親は助成金や手当目的だから貧乏家庭が受け皿になることがすごく多い

ちなみにアメリカでのチャリティーも同じく
金持ちのステータスなのだそうだ

ハーバード大学が名門と言われる理由

ハーバード大学は授業料だけで卒業までに2000万掛かる。
学費からしてアホみたいに高いので庶民からはそもそも進学が出来ない。

要はアメリカの場合、金持ちの子弟が通う学校が名門と言われているだけの事である。
ちなみにアメリカの名門大は中流以下だと学費免除になる。

ケネディ暗殺事件に関する最終報告書

アメリカ政府はケネディ暗殺事件に関する最終報告書「ウォーレン報告書」を2039年に公表すると公約している。
政府が最終的に出したケネディ暗殺の真犯人を明かす年であるのだが、アメリカの情報公開の仕組みで50年たったら公開していいことになっている。
2013年。
そう・・・ ジョン・F・ケネディが暗殺されてちょうど50年になるのだ。
ジョン・F・ケネディの暗殺についての真相、そしてジョン・F・ケネディが公表したかった宇宙人の存在が公になるだろう。

しかしウォーレン報告書は現在も公表されていない。

米国の軍隊に黒人が多い理由

陸軍士官学校は昔も貧乏人が多かった。
米国の士官学校も同じである。
富裕層はエールやコロンビア大学に普通にいく。
戦争で死ぬのは昔も今も貧乏人である。

Sponsored Link

米国の軍隊のトップにやたら黒人多いのだが
それは軍隊で、なりあがった人たちなのである。
どんなところでも軍隊だけは平等なので実力が反映されやすい。
途上国の大統領とかで軍人上がりが多いのは軍隊が事実上の教育機関という
側面あるからである。

ラスベガスのカジノでお酒が無料な理由

ラスベガスのカジノでは様々な種類のお酒が無料で振舞われている
ものすごいサービスのように思えるが実は
酔っ払って思考が弱まり負けやすくなる
さらに気持ちが大きくなって大金を賭けてしまうという罠である

SARZ、鳥インフルエンザ、HIVウィルス はアメリカの生物兵器。

白人とそれ以外の人種で、発症率、死亡率が全く違ってくる
特定の遺伝子の因子を選別して作成しているんだろう。

鳥インフルエンザが流行すれば全世界で10億人規模の死傷者がでると言われている。
興味あるひとは白人とそれ以外の死亡率を冷静に見て欲しい。

アメリカで大々的に散布されているケムトレイル

アメリカで大々的に散布されているケムトレイルに関しての情報が
マスメディアを通じて一切報道されていない事。

成分解析の結果
マラシオン、ダイオキシン・・・・強力な催奇性および発ガン性をもつ「殺虫剤」であり、同時に化学兵器である
バリウム・・・・摂取した場合は呼吸器系や皮膚、眼などに傷害
アルミニウム・・・アルツハイマー症の原因にもなると言われ、フッ素と同様に脳神経系に傷害をもたらすケース有り

加えて近年アメリカで急激に増加したモルジェロン病の
原因になる物質が含まれている事。(病原を撒き散らす意味で乾燥した赤血球が混合されている模様)

またケムトレイルの活動が開始されたのがブッシュ就任時点であることも引っかかる点

自分で書いていても電波っぽいけど、911同時多発テロの首謀者がブッシュ政権の陰謀説ってのが
アメリカ本土でも信憑性が高まってきた事もあって笑えねぇ

ニュートンが万有引力を発見した本当の場所

ニュートンは、林檎が樹から落ちるのを偶然見たのがきっかけで
万有引力の法則を発見したと言われているが
実際は、ニュートンは他人の家の林檎を盗もうと
樹を自分でガサガサ揺さぶったらしい

ホワイトハウスとピンクハウス

アメリカにはホワイトハウスがあるがアルゼンチンにはピンクハウスがある。
アメリカでは大統領府はホワイトハウスと言いますが、アルゼンチンの大統領府ではピンクハウス。

スポンサーリンク

Sponsored Link

関連コンテンツユニット



 - 世界のタブー